来店促進のためのFacebook活用法

更新日:

多くの店舗が抱えるマーケティング課題

発信するメッセージが従来の広告ではあまり届いていない可能性があると感じている。

  • 各クーポンごとの商品をどこかで知ってもらいたいが、届いていない
  • 店舗特徴の認知がされていない・・・
  • 特色の浸透不足や誤解が生じている

ポイント

顧客を新たに取っていくための訴求が難しく 継続利用・再来店促進におけるクーポンの効果が見えにくい

目指すお客様との関係構築に対する考え方

お客様に選ばれる為に、取り組むべき関係構築についてみていきましょう。

Facebookは店舗マーケティングにどのような効果を発揮するのか?

御社のターゲット設定とメッセージを届ける手段として、Facebookが有効的です。

まず伝えたいメッセージは何かを整理

  • 良質な、サービスまたは空間の提供
    ※現状、通常の広告や販促活動では十分に伝えられてない?
  • いろいろな利用シーンで店舗活用出来る事を、様々なアプローチで認知向上させる
    ※独身・既婚、有職者、子供有無など、ライフスタイルが様々→店舗利用タイミング・動機も様々

Facebook活用による具体的な展開方法

1. Facebookを活用して最適なタイミングでメッセージを届けて、関与度を高める

Facebookをメインに、お客様の店舗利用や関与度を高める為のコミュニケーションを実行

  • 様々なツールの中から、リーチとFQなどターゲット利用状況や拡張性も考慮して選定
  • Facebookはツールの一つ。場合によっては他のSNSとの組み合わせも想定
  • Facebookはお客様の閲覧環境に適した仕様でメッセージの伝達が出来る(PC/SP/タブレット)

2. 伝えるべきメッセージを継続的に伝えて、次の具体的行動を促す

Facebookを活用し、主に利用店舗選択時「御社が良い」と指名される環境作りを目指す

  • Facebookは様々な投稿仕様に対応している※画像や動画素材、アンケートやクイズ など
  • お客様の利用日時を考慮した投稿タイミング(毎週金曜日夕方や祝日前に、翌日の利用喚起)
  • 行動の結果が、次のお客様を連れる行為に発展させる仕掛け作りや新たなマーケティングへ活用

3. 最適な運用をサポートするツールや体制構築

Facebook運用において、最初の設定が重要

  • 準備(投稿に際してのルールを明確化=ガイドライン)
  • コンテンツの検討(ファンのアクションが起こりやすい投稿内容の検討)
  • 運営体制の検討(継続的に効率的かつ安全に運用できる体制の検討)
  • KPIの管理(実施におけるKPIを設定、そこに向けて実行体制やPDCAサイクル策定:KGIは売上と来店数増加) :PDCAから施策の効果度合いを判断して、ターゲット設定の変更も考慮する
資料ダウンロードURLをメールで受け取る。

Copyright© Web担当者のための資料立ち読みスタンド Clip! , 2019 All Rights Reserved.