お役立ち資料

お役立ち資料

Web担当者のための見積もり依頼先カタログ2019年版

資料ダウンロード 「見積もり依頼先カタログ2019年版」は、ディレクターバンク(株)が運営するメディア「Web担当者のための見積もり相場ガイド」の見積もり相場レポートをベースに編集した、見積もり先を探すための総合カタログです。 企業のWeb担当者の多くの方が、どのようにしたら成果をあげることができるか、そのためにどのような施策を講じるべきか、編集部でデジタルマーケティングのトレンドを見ながら、実際の現場で活用できそうなパートナー企業をピックアップし、電話等で独自取材を行いながら情報収集したオリジナルデータになっています。 施策別に31の項目に分け、計172の企業・サービスを紹介しています。 御社のデジタルマーケティング運営に少しでも貢献できれば幸いです。 資料提供者情報 会社名:ディレクターバンク株式会社 所在地:東京都渋谷区広尾1-3-18 広尾オフィスビル11F 設立年月:2016年12月 1.目次 2.カタログ記事   1サービス1ページの単位で「特徴や進め方」「価格・導入イメージ」「お問い合わせ先」をコンパクトに収録。施策毎にグループ分けされているので、自社の施策にあったサービスやソリューションを探しやすくなっています。 カタログはこちらからダウンロードできます。 資料ダウンロード

お役立ち資料

販促効果を上げる!「店舗出店に向けて」の準備必ず対応するべき4つのポイント

資料ダウンロード 資料提供者情報 会社名:株式会社オリコミサービス 所在地:東京都中央区銀座6-13-16 銀座ウォールビル 設立年月:1973年3月 「店舗出店に向けて」 認知獲得のために知るべき4つのポイント 新しく出店する際には、準備するべきことはたくさんあり、ある程度標準化をしていてもうまく準備が進まないものです。 こちらの資料では、出店のプロセスに合わせてするべきことを整理し、それぞれのタイミングで使えるツールなどについてご案内しています。店舗の規模は関係なく、最終的にはお店に人が集まるようにするべき準備をチェックしていきましょう。 分析1:まず出店地がどのような場所なのか?情報収集をする必要があります。 実際に、その場所がどのような場所なのか、目で見て確認することも、 また、その場所を地理的な分析システムに基づいて解析することも重要です。 多角的な分析は、その後のお客様とのコミュニケーションにも役立てることができます。 分析2:WEB上でもお客様を迎える準備をします。 出店の準備がすすめていくときには、WEB上でもお客様を迎える準備をします。 コストを掛けずに、検索エンジンに対して店舗の正確な情報を申請しておくことや、 お店のことを見かけた方が、興味を持って調べた時に、情報に辿り着きやすいように最低限の準備を進めましょう。 分析3:認知を高めるための看板広告を出しましょう。 お店が出店しても、意外と近所の方は、そのお店のことに気付かなかったりするものです。 店舗の立地が、もし目立たない路地裏にあるようであれば、誘導の看板を、 近くに大きな道路があるようであれば、認知を高めるための看板広告を出しましょう。 効果を上げるための看板の選定方法についてもこちらでご案内します。 分析4:効率的なプロモーションの手段についてご案内 お店がオープンするタイミングは大きく人に認知させるために力を入れたいポイントです。 こちらでは、エリアを絞った効率的なプロモーションの手段についてご案内しています。 ここでは分析2である「(onlineの準備)WEBページを見ている人がどのような人なのかを知る」についてご説明いたします。 WEB上でお客様を迎える準備をする (onlineの準備)WEBページを見ている人がどのような人なのかを知る まずオンラインの対策を打つ前に、現状あなたのホームー ページがあれば、現状、どのような人がそこに訪れているの かを分析します。ツールとしてはGoogle Analyticsで、 それらを計測することが可能です。無料のツールですので 導入していない方はぜひ導入してみてください。 こういったツールを使えば、お客様がHPを訪れる際にどのよ うな”キーワード”で検索をしているのか、ページの中でどの部分をよく見ているのか。お客様がどのような人で、何を欲 しているのかを知ることができます。 また、ページの直帰率も重要な指標です。 直帰率とは、1 ページしか閲覧されなかったセッション (ユーザーが閲覧を始めたページから他のページに移動す ることなくサイトを離脱したセッション)の割合のことです。 ページに来てすぐ帰ってしまう人がいたとしたら、届けたい情報を届けられていないかもしれません。 今のページに問題がないかも確認してみましょう。 検索エンジンに対しての対策 Google My Business への登録 出店をする際の準備でGoogleの検索エンジンに対しても対策を講じることが可能です。 あなたのビジネスの正確な情報を登録しておくことで、検索結果で大きくお店の情報が表示されたりすることもあります。 ※検索結果は表示のされ方・順位も含めて日々変わります。 お店の検索をGoogleで検索した際に、上のような表示をみたことはないでしょうか。検索の結果の他にカード型の表示が出ることがあります。 検索している人にとってメリットのある正確な情報はGoogleによって評価され、検索エンジンの結果で、大きく面をとっての表示も期待できます。 コストを掛けずに、検索利便性を高め、あなたのお店の情報への導線をつくることができる準備のひとつです。必ず登録するようにしましょう。 その他こんな内容も掲載されてます。 詳しい資料をこちらからダウンロードできます。 資料ダウンロード

お役立ち資料

デジタルエリアマーケティング・ガイドBook

2019/9/17    

資料ダウンロード デジタル技術の進歩により、近年高い精度のエリアを絞った広告が可能になってきました。本資料では、これからデジタルを活用したエリアマーケティング戦略を検討される広告・販促のご担当者様に対して、プランニング業務のガイドブックとして作成いたしまた。ぜひご活用いただければ幸いです。 資料提供者情報 会社名:株式会社オリコミサービス 所在地:東京都中央区銀座6-13-16 銀座ウォールビル 設立年月:1973年3月 1. Google Yahoo Adネットワーク デジタルエリアマーケティングの第一歩!広告の配信地域を細かく指定できます。 ウェブサイトへの新規訪問の増加から、オンラインでの売り上げ向上、 お問い合わせ件数の増加、店舗への来店客数の増加まで、 Adネットワークを使った広告配信(検索連動型広告やディスプレイ広告) は、さまざまなビジネス目標の達成が可能です。 どんなことができるのか ウェブ上でユーザーとつながる ウェブ上の関連性の高いサイト、関心の高いユーザーに広告を表示できます。 ウェブサイトの指定やユーザー層の指定等、最適なタイミングと場所で広告を掲載できます。 あらゆるデバイスに広告を掲載 今日のモバイル環境を考慮すると、デスクトップ、ノート パソコン、タブレット、モバイルなど、 ユーザーが使用しているあらゆるデバイスに広告を掲載することが求められます。 それを実現できるのが Google Adwords や Yahoo!プロモーション広告 です。 広告の配信地域を細かく指定できます 特定の地域や都市にいるユーザー、あなたの会社や店舗の近くにいるユーザーなど、 ユーザの所在地に応じて広告のターゲットを設定できます。 適切なユーザーに、適切なタイミングで お客様の商品やサービスを 検索エンジンで検索しているユーザーに、タイミングよく広告を表示します。 2.ジオターゲティング広告 ユーザーの過去の位置情報を用いてバナー広告を配信できる! 特定のエリアの居住者に広告配信が可能です。 3.GoogleMAPインドアビュー Googleストリートビューの屋内版。 サイトのコンテンツとして使うことができるうえMEO(マップエンジン最適化)としても効果有。 例えば、あなたがWEB上で初めて食事に行くお店について調べているとします。 「どんなメニューがある?」「味は?」「人の評価は?」「金額は?」 ある程度サイト上から情報を得てから行くことは多いでしょう。 そこで「お店の雰囲気」というのも気になる要素ではないでしょうか。 そこで機能するのが GoogleMap インドアビューです。 4.Googleマイビジネス Googleの検索で表示されやすくなる施策。無料で店舗や企業PRが可能! Googleマイビジネスにビジネス情 報を登録すると、 Googleの検 索結果やGoogleマップなどで無 料で情報を表示でき、最新情報 を更新・管理できます。 無料で活用できますので、実店 舗を持っているのであれば、登録することをおすすめします。 利用ユーザーからの 口コミを管理 できたり、最新情報の掲載も可 能です。 5.電子チラシ Shufoo!(シュフー) 買い物ユーザが広告(チラシ)を見るために集まるサービス Shufoo!は、凸版印刷が2001年から運営している電子チラシ配信サービスです。国内最大級の掲載店舗数を誇っており、イトーヨーカドーやイオン、ユニクロ等の流通小売業に花王やサントリー、ファンケルなどのメーカー、公文やスタジオアリス、TSUTAYAなどのサービス会社もプロモーションの場として活用しています。 主な利用者は30~40代の子育て中の主婦でユーザー全体の70%以上が新聞非定期購読者です。 基本機能は、チラシ形式のコンテンツを朝・夜の2回、配信する機能です。掲載するチラシは紙チラシのデータをそのまま使うだけでなく、用途に合わせて大きさや形を変えることができます。 【Shufoo!】 URL:http://www.shufoo.net/ デバイス:マルチデバイス対応(PC・スマートフォン・タブレット・アプリ) 運営会社:凸版印刷株式会社 サービス開始年:2001年 ユーザー数:1,100万人/月* 月間PV数:3.7億PV* 料金制度:従量型課金制 ベース掲載費用1店舗:1000円~/月 超過費用(101PV以上):10円/1PV アクセスデータ解析機能あり *2018年8月末時点 6.乗り換え案内広告/【乗換案内ジャック】路線指定バナー 店舗の周辺・近郊、鉄道の沿線で移動している人達に情報を届けることができる媒体です。小額からの実施すが可能です。 電車内の広告のように、特定の路線を指定して広告掲載ができる検索結果連動型広告メニューです。 近隣の鉄道沿線出で(これから)移動するであろう生活者に情報を届けることができます。 7.Facebook広告/エリアターゲティング 現在特定の都市または地域にいる人にターゲットを設定できます。小額予算(10万円ほど)から実施する事ができ、目的、期間、ご予算に合わせたプランニングが可能。 配信対象は、エリアだけでなくプロフィールに書いていること、そのままにターゲティングしたり、 実名登録の情報に合わせてセグメントが細かくできます。つながりのある人と関連付けされ た状態で配信されるなど、単純な広告では動かない行動のマインドを刺激できます。 現状の投稿をより多くの人に届けるために、 ページへの「いいね」を集めることは情報ルートの開拓で、御社の資産となります。 8.Twitter なかなか接点を持つことができない、「学生」に対して効果が高くその出稿が多い。情報リリース時の活用もオススメ。 タイムラインに流れるだけでは課金されず、リツイート、返信、お気に入り、 フォロー、クリック(はじめの1アクションのみ)で初めて課金されます。 【エンゲージメント課金】競合のアカウントのフォロワーに絞っての配信など可能。 精密なターゲティングで、コンテンツ拡張機能として有効なツールです。(140文字) 圧倒的な「拡散力」と「リアルタイム性」 Twitterはユーザーが気軽に投稿でき、返信やフォ ロー、リツイートすることができるため、他のソーシャルメ ディアにはない拡散力を持っています。またユーザーが フォローしている他のユーザーや企業からの投稿はタイ ムライン上にすぐ表示されます。広告も同様に、配信 したい時にすぐにユーザーに届けることができます。 ...

お役立ち資料

来店促進のためのFacebook活用法

2019/9/17    

資料ダウンロード 資料提供者情報 会社名:株式会社オリコミサービス 所在地:東京都中央区銀座6-13-16 銀座ウォールビル 設立年月:1973年3月 多くの店舗が抱えるマーケティング課題 発信するメッセージが従来の広告ではあまり届いていない可能性があると感じている。 各クーポンごとの商品をどこかで知ってもらいたいが、届いていない 店舗特徴の認知がされていない・・・ 特色の浸透不足や誤解が生じている ポイント 顧客を新たに取っていくための訴求が難しく 継続利用・再来店促進におけるクーポンの効果が見えにくい 目指すお客様との関係構築に対する考え方 お客様に選ばれる為に、取り組むべき関係構築についてみていきましょう。 Facebookは店舗マーケティングにどのような効果を発揮するのか? 御社のターゲット設定とメッセージを届ける手段として、Facebookが有効的です。 まず伝えたいメッセージは何かを整理 良質な、サービスまたは空間の提供 ※現状、通常の広告や販促活動では十分に伝えられてない? いろいろな利用シーンで店舗活用出来る事を、様々なアプローチで認知向上させる ※独身・既婚、有職者、子供有無など、ライフスタイルが様々→店舗利用タイミング・動機も様々 Facebook活用による具体的な展開方法 1. Facebookを活用して最適なタイミングでメッセージを届けて、関与度を高める Facebookをメインに、お客様の店舗利用や関与度を高める為のコミュニケーションを実行 様々なツールの中から、リーチとFQなどターゲット利用状況や拡張性も考慮して選定 Facebookはツールの一つ。場合によっては他のSNSとの組み合わせも想定 Facebookはお客様の閲覧環境に適した仕様でメッセージの伝達が出来る(PC/SP/タブレット) 2. 伝えるべきメッセージを継続的に伝えて、次の具体的行動を促す Facebookを活用し、主に利用店舗選択時「御社が良い」と指名される環境作りを目指す Facebookは様々な投稿仕様に対応している※画像や動画素材、アンケートやクイズ など お客様の利用日時を考慮した投稿タイミング(毎週金曜日夕方や祝日前に、翌日の利用喚起) 行動の結果が、次のお客様を連れる行為に発展させる仕掛け作りや新たなマーケティングへ活用 3. 最適な運用をサポートするツールや体制構築 Facebook運用において、最初の設定が重要 準備(投稿に際してのルールを明確化=ガイドライン) コンテンツの検討(ファンのアクションが起こりやすい投稿内容の検討) 運営体制の検討(継続的に効率的かつ安全に運用できる体制の検討) KPIの管理(実施におけるKPIを設定、そこに向けて実行体制やPDCAサイクル策定:KGIは売上と来店数増加) :PDCAから施策の効果度合いを判断して、ターゲット設定の変更も考慮する 詳しい資料をこちらからダウンロードできます。 資料ダウンロード

お役立ち資料

動画広告による店舗集客~チラシを活用した動画広告~

資料ダウンロード スマートフォンなどのデジタルデバイスの登場により、私たちが情報を得る場面は今も大きく変化しています。それに伴い、企業も様々な販促手段を活用して情報を発信していくことが重要になっています。今回はチラシを活用した動画広告をご紹介します。 資料提供者情報 会社名:株式会社オリコミサービス 所在地:東京都中央区銀座6-13-16 銀座ウォールビル 設立年月:1973年3月 1.今後重要になっていくO2O広告と動画広告 ※O2O(Online to Offline)広告:実店舗を保有する企業もしくは店舗を販売チャネルとする企業が、来店促進および商品・サービスの販売促進を目的に出稿するWEB広告です。 O2O広告の必要性 O2O広告市場規模推計・予測では、2023年には1,616億円の市場規模になることが予測されています。 デジタルデバイスが普及し、オンラインとオフラインを横断したユーザーの消費行動が進むなか、実店舗での商品・サービスの提供を行う企業においても、店舗集客や販売促進を図る手法として、インターネット広告を活用していくことが必要です。 動画視聴の浸透 Youtube利用率は全体の約8割。10代で9割、50代でも7割ほどの利用率があります。 インターネットにおける動画視聴は一昔前であれば、利用者が限定されているものでした。しかし、近年YouTubeで動画を見る行為は世代にかかわらず浸透しており利用率は全体的に高くなっています。今後も、テレビとは違う、デジタルデバイスでの動画視聴はより消費者のなかに浸透していくものと考えられます。 動画広告がもたらす態度変容 ある調査によると、動画広告による視聴者の態度変容経験は「知るきっかけになった」ことがある人が45%、「好きになった」ことがある人が21%、「購入した」ことがある人が17%いたという結果が出ています。動画広告が視聴者の認知度に大きく関与していることが分かります。特に若年層ほど高い効果が認められています。 2.既存のチラシを活用して得られるメリット チラシのメリット 短期間で広告制作ができる 予算規模に合わせてプロモーションが可能 一覧性が高く多くの情報を届けられる 配布地域を絞ることができる 届いたモノが手元に残る 動画広告のメリット ターゲットの選択が可能 低単価でリーチをつくることができる 画像だけでなく音も使える 届けられる情報量が多い 再生された回数が把握できる 2つを活用するメリット 別々に作るより短期間で作成できる 既にあるチラシを使うことで制作コストが抑えられる チラシで使う配布地域に重ねてエリアを設定してターゲティングが行える 動画広告を見た人がチラシを見たときに思い出させたり、記憶に残りやすくなる 今までチラシに接触してこなかった新たな層にチラシの情報を届けることができる 動画、チラシそれぞれのメリットを生かす! 3.チラシを活用した動画制作のメリット O2O広告の必要性が高まっている 消費者の行動の変化に合わせてこれまでと違う施策で情報を届ける必要がある。 動画広告市場が成長している 消費者が今後もより多く接していく動画の領域で、情報を届ける施策が有効になる。 動画広告の効果は高い 態度変容が起きやすい形態である動画で、販促効果を狙うことは理にかなっている。 チラシを利用するのは効率的 既に制作しているものを活用することで資産活用による販促を行うことができる。 (また、チラシに掲載する情報が精査されている→届けるべき情報が載っている) デジタルだからできることを最大限活用する ターゲットを絞り込み、届けたい相手に見てもらうことができる。動画を見て興味をもった人は、より詳細な情報へ誘導することができる。 チラシと動画併用することで目的を達成できる チラシのみでは届かなかった相手に、トーンを統一して情報を届けることで、これまで接することができなかった人にも、届けたい情報を届け来店を促進する。 インターネットで販促を行うO2O広告として 動画広告を活用するメリットは大きい! 4.動画広告の配信方法 〜TrueView インストリーム広告〜 YouTubeで動画を再生する前、再生中、または再生後に再生される動画広告です。 もっとも認知されているYouTube上の動画広告といえます。 【広告掲載の仕組み】 「5秒後にスキップして動画へ進めます」という表示と共に広告が流れ、再生開始から5秒が経過すると、ユーザーは広告をスキップできるようになります。 (よって、5秒間は必ず表示されます。) 【料金】 ユーザーが動画を30秒間(30秒未満の広告の場合は最後まで)視聴したか、30秒経つ前に動画を操作した場合に料金が発生します。 ※40秒の動画の場合は、30秒を経過した時点で課金対象となります。 5.動画広告の配信方法 〜バンパー広告〜 他の動画の再生前、再生中、または再生後に再生される6秒以下の動画広告です。 より多くのユーザーにリーチし、お客様のブランドの認知度を高めることを目的とする短い動画広告フォーマットです。インストリーム広告と同じような仕組みですが、動画冒頭で6秒間のスキップできない広告を表示します。こちらの場合、6秒間でいかに伝えたい情報を伝えるかがポイントになります。 【広告掲載の仕組み】 他の動画の再生前、再生中、または再生後に再生される6秒以下の動画広告です。この広告をスキップすることはできません。 【料金】 インプレッション数に基づき料金が発生します。インプレッション単価(CPM)制に基づき、広告が1,000回表示されるたびに料金が発生します。 6.動画広告の配信方法 〜配信先のターゲティング〜 YouTubeではターゲティング機能を使うことで配信エリア、ターゲット年齢・性別、ターゲットの興味関心で広告配信先を絞り込むことができます。 これにより チラシやポスティングなど従来の手法ではリーチできなかったユーザーに対し、情報を届けることができる。 届ける情報に興味を持つ可能性が高い対象に絞り込むことで、高い確率で態度変容を起こすことができる。 詳しい資料をこちらからダウンロードできます。 資料ダウンロード

お役立ち資料

Web担当者のための見積もり依頼先カタログ2018年版

資料ダウンロード 「見積もり依頼先カタログ2018年版」は、ディレクターバンク(株)が運営するメディア「Web担当者のための見積もり相場ガイド」の見積もり相場レポートをベースに編集した、見積もり先を探すための総合カタログです。 企業のWeb担当者の多くの方が、どのようにしたら成果をあげることができるか、そのためにどのような施策を講じるべきか、編集部でデジタルマーケティングのトレンドを見ながら、実際の現場で活用できそうなパートナー企業をピックアップし、電話等で独自取材を行いながら情報収集したオリジナルデータになっています。 施策別に20の項目に分け、計92のサービスを紹介しています。 御社のデジタルマーケティング運営に少しでも貢献できれば幸いです。 資料提供者情報 会社名:ディレクターバンク株式会社 所在地:東京都渋谷区広尾1-3-18 広尾オフィスビル11F 設立年月:2016年12月 1.目次   2.カタログ記事   1サービス1ページの単位で「特徴」「価格・導入イメージ」「お問い合わせ先」をコンパクトに収録。施策毎にグループ分けされているので、自社の施策にあったサービスやソリューションを探しやすくなっています。 カタログはこちらからダウンロードできます。 資料ダウンロード

お役立ち資料

いい提案を引き出すための「モテる!」RFPの教科書

2019/9/17    

資料ダウンロード なぜ、あなたにはいい提案が来ないのか? それは、あなたが事前にどこまで相手に対して、提案をしやすい情報や状況を提供していたかによって、大きく変わります。 発注者と受注者はいわば映し鏡、発注者がそれなりの対応しかおこなわないと、受注者もそれなりの提案しかおこないません。 そして、提案者にこれらの情報を適切に伝える手段、それが「RFP(提案依頼書)」です。 この教科書では、RFPの基本的な構成要素と、いい提案をもらうためのRFP作成の5つのポイントをマスターしていきます。 資料提供者情報 会社名:ディレクターバンク株式会社 所在地:東京都渋谷区広尾1-3-18 広尾オフィスビル11F 設立年月:2016年12月 1.なぜあなたにはいい提案が来ないのか? WEB制作会社から見積もりをもらった時、こんな感想を持ったことはありませんか? 「言ったことしか提案書に盛り込んでいない。企画力がないなぁ」 「見積もりの単価が高い!大して難しい作業内容じゃないのに」 「費用の内訳がざっくりすぎる。これじゃ、社内の手続きが通せない」 2.受注者側の視点で捉え直してみると… いい提案を出せなかった原因には、受注者側のこんな「困った」背景があったかもしれません。 「企画提案してくれといっても、何も決まってないからツボがわからないよ」 「全体のボリュームがわからないからバッファを積んでおこう」 「この担当者はどこまで自分の意思を持って社内調整できる人なんだろうか?」 ハッキリ言いましょう。このような状態では、まずいい提案をもらえることはありません。 提案をもらう前に、いかにあなたが相手を「その気」にさせているか? いい提案をもらえるかどうかは、その前段階のあなたの準備にかかっているのです! 3.受注者はあなたのココを見ている! 特に初めての取引きの場合、受注者は依頼案件の「筋」や「中身」の善し悪しを、あなたの話から聞いた情報等を元に判断し、どこまでリスクを取るか考えながら見積書を作成していきます。 ここで、大切なポイントは「どこまで案件の中身が落とし込まれているか?」です。 そして、提案者にこれらの情報を適切に伝える手段、それが「RFP(提案依頼書)」です。 4.RFPとは何か? Request For Proposal(提案依頼書) 提案を依頼するための資料。作業案件の「背景」「目的」「狙い」を伝えることによって、精度の高い提案を獲得すること。 ここが大切!RFPを作成する際の3つの心構え ① お願いしたい作業内容だけを伝えるのではない! → 背景、目的、狙いが共有されて初めて最適な提案ができる。 ② 制作会社の選定基準を明確にしておく。 → 自社が重要だと思っているポイントは明文化しておく。 ③ 目標達成に向けての手段、ゴール設定は自分で決めておく。 → 外部に自社の未来を託さない。 5.RFPの基本構成要素、作成する際のポイント   続きはこちらから資料ダウンロードができます。 資料ダウンロード

お役立ち資料

WEBサイトリニューアルの教科書〜成功のための5つのポイント〜

資料ダウンロード 自社のWEBサイトの運営担当者は、日ごろから社内から様々な改善リクエストをもらうと思います。 また、自分でも「もっとここのレイアウトを直したら良くなるのに」「こういった要素を加えると良くなるかも」等、いろんな考えが浮かぶと思います。 この資料では、そんな悩めるWEBサイト担当者にとって、どのような視点で 自社WEBサイトのリニューアルに取り組めばよいか、5つのポイントに要点を絞って解説していきたいと思います。 WEBサイトのリニューアルは、あくまで手段であって目的ではありません。 「リニューアルゴール」と言われないための、成果を出すためのWEBサイトリニューアルの進め方をご紹介します。 資料提供者情報 会社名:ディレクターバンク株式会社 所在地:東京都渋谷区広尾1-3-18 広尾オフィスビル11F 設立年月:2016年12月 1.失敗しそうなWebサイトリニューアル あなたはまさに今からWEBサイトリニューアルに取りかかろうとしているWEB担当者です。 あなたを取り巻く環境は、今どのような状態でしょうか?次の項目で該当するものがあればチェックしてみてください。 リニューアルすることは決まっているが、目的や戦略は決まっていない 何をどう直せばいいのか、関係者間での意見がバラバラ 他社のWEBサイトの真似をする意見しかなく、自社ならではのネタが出てこない 関係者それぞれが曖昧なアイデアを言い合うだけで企画がまとまらない 社長の鶴の一声のリニューアル方針が現場担当者としてはどうしても納得できない 新しいWEBマーケティング技術を導入してみたいが、なかなか上層部を説得できない リニューアル後の成果目標と時期が関係者で共有されていない 声の大きい1人の現場担当者の主張に引っ張られて、その人の感性でリニューアルプランが進行している システム関連部署や営業部署の声が大きく、自分はそんな利害調整をする役目に徹している 予算と時期がまだ上層部と握れていない 2.ディレクターバンクが考える、成功のための5つのポイント ポイント リニューアルは「C」から始める リニューアルは仮説を立ててから実行する Small is beauty.施策は小さく細かく試す 運営体制をはじめから考えておく 事前に社内ときちんと握る 4.サイトリニューアルは「C」からはじめる チェックすべき3つのポイント 1.「目的、目標」の再確認 何のためにWEBサイトをやっているのか?目標の定量化はできているか? 2.「現時点の立ち居地」の把握 現時点の実力を定量的に把握する。 3.「課題」の抽出 課題とは目指したい姿と現実との差。目標に対する現時点の立ち位置を定量的に把握することにより、どれくらいの改善努力が必要か、課題の大きさを実感する。 上記のプロセスを踏まえ、ここで本当に「Webサイトリニューアル」という改善施策が合理的なのか一次判断をしてみることからはじめてみましょう。 続きはこちらから資料ダウンロードができます。 資料ダウンロード

Copyright© Web担当者のための資料立ち読みスタンド Clip! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.