Zapierで作るコンテンツマーケティング運用業務のRPA化

更新日:

zapier

ここ数年、働き方改革の具体的な取り組みのひとつとして、RPA(Robotic Process Automation)と呼ばれる、業務の自動化技術に注目が集まっています。

具体的には、主にバックオフィス業務の自動化や効率化を行う仕組みとして、RPAのソフトウェアを導入し自動化を行うケースが多いですが、Web担当者の視点でも、アクセス分析レポートの作成や、お問い合わせメールの仕分け、Webサイトのコンテンツ更新に合わせたSNSでの情報配信など、RPAの技術によって自動化できる業務は数多くあります。

この資料では、ZapierというRPAのクラウドサービスを使って、どのようなデジタルマーケティング運用業務を自動化することが可能になるのか、弊社の事例を織り交ぜながら、運用自動化のコツについて解説しています。

資料提供者情報

会社名:ディレクターバンク株式会社
所在地:東京都渋谷区広尾1-3-18 広尾オフィスビル11F
設立年月:2016年12月

1.Zapierとは?

zapier

https://zapier.com/

Zapierは1,000以上のWebアプリケーションを組み合わせて、自分にあったワークフローを作成し、自動実行することができる、オンライン自動業務化サービスです。自分の代わりに、決められた作業を勝手にやってくれます。

 

2.Zapierの料金表

Zapier料金表

コンテンツマーケティング運用業務でのZapier活用事例

事例その1.コンテンツ配信業務の自動化

事例その2.問い合わせ情報の管理と共有

事例その3.コンテンツ制作スケジュールの共有

事例その4.議事録の共有

事例その5.問い合わせ履歴や活動履歴をレポートに自動的に盛り込む

Copyright© Web担当者のための資料立ち読みスタンド Clip! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.